生理痛 PMS ピル 緩和

生理痛やPMSはピルで緩和できた

生理痛やPMSはピルで緩和できた

高校生の頃からPMSと生理痛が酷く、市販の薬を飲んで乗り切っていまいsた。しかし社会人になってから、特に生理痛が酷くなり、婦人科を受診して処方箋で薬を出してもらっていました。

 

異常があるのかもしれない、ということで検査も行いましたが、特に異常は見つかりませんでした。

 

ピル

 

処方箋の薬で対処をしていたのですが、それも段々効果がなくなってきたので、医師に相談をしたところ、PMSもあるのならば、低用量ピルを服用してみてはどうか、という提案がありました。そこで服用を開始したところ、最初だけ気分が悪くなったり、頭痛がしたりということがあったのですが、慣れていくと気分が悪くなるということもなくなり、自然とPMSもなくなりました。

 

生理痛に関してもウソのようになくなったのです。

 

生理の日を予測することも出来るようになったので、ストレスフリーになりました。いつ来るのか分からないともなると、やはり不安にもなると思います。それがなくなったので、低用量ピルを服用して良かったと思いました。

 

保険適用外なので少々高額に感じますが、それでもPMSと生理痛から解放されたので、良かったと思います。治療薬として保険適用されたらいいと思っています。

生理痛治療用のピルがあることを初めて知りました

生理痛があまりにもひどくて、寝込んでしまうこともあったので、思い切って婦人科に行きました。とりあえず痛み止めと痙攣止めを処方してもらって、これは確かによく効きました。市販の痛み止めよりずっと楽になったのでびっくりしました

 

。また、「今度生理がきたらすぐに来てください。ホルモン量の検査をしましょう」とのこと。これで色々わかるのだそうです。内診が嫌だったので、問診と血液検査でわかるのは助かるなと思いました。それから生理がきたタイミングでまた受診して血液検査をしてもらい、このときピルを頂きました。

 

ピル

 

ピルというと抵抗があったのですが、「生理痛治療用」とはっきり書いてあって、避妊のためのものではないことが一目でわかるので、ほっとしました。ピルを3週間飲んで、1週間休むと生理がくるのですが、とても軽くて済むのだそうです。しばらくこのピルを飲んで様子を見ましょうとのことでした。

 

ピルはずっと飲んでいても大丈夫だけれど、血栓症などの副作用がまったくないわけではないので、やめたくなったらいつでもやめていいし、しばらく続けることで子宮が安定してピルをやめたあとも生理痛が軽くなるのだそうです。

 

妊娠のしやすさなどにも影響がなく、むしろ子宮筋腫で生理痛が重い人は妊娠しにくくなるので、この方法をしばらく行って、筋腫を小さくして不妊治療に使うこともあるのだそうです。

つらい生理痛には何かが隠れているかも

生理痛やPMSが重たいという人がいます。個人差はありますが、両方とも症状が酷い場合、半月は体調がスッキリしないということになってしまいます。

 

気持ちまで滅入ってしまいますし、やる気や集中力も出なくなってしまい。日常生活に支障をきたすということにもなってしまいます。

 

生理痛

 

まずは何か病気ではないか、と疑ってみたほうがよいです。特に生理痛が酷い場合には、子宮内膜症や子宮筋腫に罹患をしている可能性もあります。ですから、思い切って婦人科に足を運んでみたほうがよいでしょう。

 

PMSの場合にはホルモンが大きく影響をしている可能性があります。定期的にリフレッシュをするなど、気分転換を心がけることも大事です。病気の場合には怖いですし、手遅れになってしまうと症状もどんどん重たくなってしまうということがあるので、できるだけ早期に対応をしたほうがよいでしょう。

 

病気ではない場合、低用量ピルを服用すると良いと言われています。生理の日も予測をすることが出来るので、いつ来るのか分からないと心配をすることもなくなります。

 

ホルモン量を調整することが出来るようになるので、生理痛やPMSも解消させることができます。

 

今は副作用もほとんどないので安心です。


ホーム RSS購読 サイトマップ